スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 正さずにいられない | main | ありがたい♪ >>

頑張っても満たされない…

この本とても気に入った。自分と感覚が似ている気がする。不思議なことにたまたま身近に起こったことが偶然の一致で話に出てくることが多かった。縁を感じる。
石牟礼道子の文章に出てくる「悶え神」という話を初めて知った。水俣あたりでは人の悲しみを自分の悲しみとして悶える人間、ことにそのような老女のことを悶え神というらしい。ともにただただ共感できるというのはすごい尊いことのように思う。どれだけ助けられることだろう…。解決しようとしたり、アドバイスしたり…なんてこととは世界が違う。
磨針峠(すりはりとうげ)」の話もおもしろかった。行き場のない思いを人にも自分にもぶつけず磨く。なにかに打ち込み昇華してゆくというアイデアはとても共感した。いいなぁ…そういうの。昔の暮らしの方が都合がよかったのかなぁ…。もくもくと栗の皮をむくとか…。何でもワンタッチの今の世の中の方が行き場のない思いが流されにくいのかな。
他にも母親の役割の話などブラジルの話もいくつか出て来て楽しめた♪
| Book Shelf | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 00:00 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://mgclktchn.jugem.jp/trackback/1008

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Recommend
預言者 ポケット版
預言者 ポケット版 (JUGEMレビュー »)
カリール ジブラン, 佐久間 彪, Kahlil Gibran
New entries
◆ ブラジル ペアダンス ◆
フォホー、サンバ・ジ・ガフィエラetc...
フォホー、サンバ・ジ・ガフィエラ etc... LA VIDA♪
◆ Fotos ◆
◆ お気に入り本 ◆

◆ STARLIGHT mini ◆
◆gomoudouken.net◆
盲導犬サポートSHOP
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Links
Sponsored links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM